トップへ戻る
間取り図関係 外観関係 内装関係
家具の配置の仕方 3Dで家具作り ホームへ戻る
 
 
マイホームデザイナー公式ホームページへ
当サイトは、リンクフリーです。お好きにリンクを貼っていって下さい。
 
当サイトでは、マイホームデザイナー2005を使用したマイホーム作りのシュミレーションをメインにしています。
これから家を建てる方も、コンテストに応募したい方も、夢の我が家を設計したい方も、ぜひこのソフトを試してみて下さい。
旧バージョンや新バージョンでは、若干操作が異なりますが、基本は同じです。
ぜひシュミレーションライフをお楽しみ下さい。
起動画面
ソフトを起動すると、左画面になります。
どういった家が作れるのかを手っ取り早く知るなら、「サンプルを開く」の良いかと思います。
新規に作成する場合は、「間取りからつくる」の新規作成をクリックします。
画面右にある「3Dモデリング」は、3Dで家具などが作れるツールです。
「テクスチャ作成」では、自分で描いたイラストや実際の写真などから、壁紙や家具の模様などを作れるツールです。
「フォトフレーム作成」は、その名の通りフォトフレームに自分の家族の写真などを入れることの出来るツールになります。
3Dモデリング」以外は、詳しくは本編では触れませんが、オリジナルティを出すなら、このツールを使うと便利です。
次は、モジュールの設定を行います。
モジュールの設定
モジュールの設定は、通常は一番上の「標準的な尺モジュール」を使うのが良いかと思います。
輸入住宅などは、標準とはちょっと違うため、項目にも設けてありますが、普通に日本で家を作る分にはあまり関係はありません。
自由に設定は上級者向けです。本編では取り扱いません。
次は、間取り図の作成方法に移ります。
間取り図の作成方法
間取り図は、通常白紙から作りますが、実際に紙に書いたものをスキャンすることも出来ます。また、見本があらかじめ用意されていますので、そちらで慣れるのも手かと思います。
スキャンする時は、スキャナが必要ですが、より身近な感覚で設定出来るかと思います。
スキャナで下絵を読み込む利点として、例えば新聞の折込広告チラシなどで、間取り図が載っていた場合、それをスキャンすることでより明確に物件の位置構造などを知ることが出来ます。
立体化した後に、ウォークスルーを利用して、部屋の配置などを体験するのも良いでしょう。
当サイトでは、「白紙から作る」を選択しています。
家を建てるには、土地が必要です。この敷地の設定では、土地の大きさや形を設定できます。
画面の下部に形の例が表示されますので、それを使っても良いですし、多角形(画面の一番左下にあるタブをクリックします。)を選び、複雑な形を設定することも出来ます。
地価などの設定も行えますので、実際に建てるとどれくらいの価格がかかるかをシュミレートするのが容易です。
次は、建ぺい率と容積率の説明に移ります。
建ぺい率と容積率
家を建てる際に必要な建ぺい率と容積率も、マイホームデザイナーで設定できます。建てたい土地の建ぺい率や容積率は、地域によって違いますので、ネット上で検索したり、不動産で調べる必要があります。
設定してしまえば、後は自動的にソフトが計算してくれますので、建ぺい率や容積率をオーバーした家を建てるといったミスは無くなります。
次は、間取り図の設定に移ります。
下記の「次へ」ボタンをクリックして下さい。
    次へ
 
・オンラインゲーム情報は無料オンラインゲームまとめで調べよう
・食べ物のゲーム情報は食べ物ゲーム★コレクションで詳しく!
・着せ替えゲーム情報は着せ替えゲーム★コレクションをチェック
・脱出ゲーム情報は3年D組 脱出ゲーム先生で詳しく調べよう
・脳トレのゲーム情報は脳トレゲームまとめで調べよう
・無料タイピングゲーム情報はタイピングゲーム★コレクションで調べよう
・記憶力アップ情報は記憶力アップゲーム★コレクションで調べよう
・集中力アップ情報は集中力アップゲーム★コレクションで調べよう
・野球ゲーム情報は野球ゲーム★コレクションで調べよう
・風水の情報は運気を上げる♪風水インテリアデザイン
「ZOMBIE TACTICS」:突然やってきたゾンビと戦うシミュレーションゲーム!「LOCOM」:ユニークな髭を生やした配管工を、暗い下水道から脱出させるアクションゲーム!
 
  Copyright (C) 2008 「マイホームデザイナーで家作りシュミレーション」  All Rights Reserved.